craze fishing gear

「釣り」をテーマに「服」、「モノ」をご紹介します。

TALEXの度付き偏向サングラス

TALEXのサングラス

TALEXのサングラス

 

日中の釣りの時はやっぱり偏向サングラス必須ですよね。

わたしは普段メガネなので、コンタクトレンズを着用でサングラスを付けなければいけません。

これが結構面倒くさいんです。かといって、よくおっさんがつけているようなメガネの上に装着するようなタイプが絶対にイヤだし…。度付きの偏向サングラス買おうかなーと思って釣具屋さんをチェックしてみると…うーん…フレームが結構微妙だったりします。それにデザイン微妙なのに何だか高い気がするし。

そこで発見したのがTALEXの偏向サングラス。TALEXは40年以上前から続くサングラスの老舗です。独自のレンズフィルターを開発し、目に優しいレンズが評判です。TALEXは自分が持っているお気に入りのフレームに度付きの偏向サングラスを入れてくれるんです。もちろん、フレーム毎の購入も可能です。

お値段は29400~39400円。

釣り用にコーティングを行なってくれるのもありがたいですね。

全国にあるプロショップでリメイク可能らしいですが、オリジナルフレームなら通販でも買えるお店があるようです。

お気に入りのフレームを見つけて一生ものの偏向サングラスを作りたいなあ…なんて思っています。

 

>>TALEXサングラス通販

熊の鈴

bear

熊の鈴

 

山を歩く際の必需品の一つ。

熊除けの鈴

北海道はもちろんですが、本州でも熊が人里へ降りてきて来る傾向が強くなっているので、最早必携の装備と言えるでしょう。

渓流釣りの場合も、イワナなどの生息域は熊のテリトリー内なので、必ず持参するようにしたいところです。

私の場合、ヤマメ域の里川レベルしか行ったことありませんが、それでも写真のCHUMSベアーベルを携行しています。音もそれなりになりますし、鳴らないようにできる磁石が付いているので、つけたままコンビニなどに入ってもうるさくありません。

でも、もっと深い渓流に入る人は鈴を一つだけって人はあんまりいないみたいですね。2個、3個携行は当たり前、いざって時のための熊の催涙スプレーも携行しているようです。先日、熊が出没したという近所の小学校で熊撃退用に常備していた催涙スプレーを虫除けスプレーと勘違いして教師が教室で噴射。小学生が病院へ運ばれるという事件がありましたよね。本当に強烈らしいので扱いは注意です。

ただ、今年に入ってからも熊に襲われる事故が多発しています。トレッキングなども人気を集めていますし、ますます注意が必要ですよね。

もう少し深い渓流に行く場合は催涙スプレーも持っていこうと思っています。

ただ、一つ疑問なのが、一度も試し撃ちをせずに突然熊に出会った際にきちんと使用できるのか?ということです。

かといって、その辺で試し撃ちして、人にかかってしまったらそれこど傷害罪ですしね。

民間でも、公的機関でも練習、講習を受けさせてくれる場所があればいいのに。

咄嗟の時に扱えるのか不安です。

咄嗟に出会わない為の熊鈴ですから、なるべくうるさくして、自分の存在を熊に知らせるようにしましょう。

 

熊の鈴

アウトドアブランド「MSR」

ミニワークスEX

コンパクト浄水器

1969年にクライミング用品の「安全・品質向上」の重要性を広めることを目的に設立されたMSR(Mountain Safety Research)社。

社のモットーに

「命を守る」

という言葉を掲げていることからもわかるように、高性能な登山用品を発表するブランドとして世界的に有名です。

アウトドアグッズということで釣りにも使えるグッズがチラホラ。

コンパクト浄水器「MINIWORKS EX MICROFILTER」もその一つ。

日帰り、長期旅行などのアウトドア、キャンプ時だけでなく、災害時にも活躍してくれそうですね。

どんな時でも人間にとって一番大切な飲用水。

綺麗な飲用水が入手できない時に、河川の水などを浄水して飲み水に変えてくれる浄水システムはあれば安心ですけど、本当に飲めるの?って不安もどこかにありますよね?

過酷な環境下でも確かな実力を発揮してくれ、世界で認められるMSRの製品ならその品質も信頼できます。

価格は12,600円前後。

一台欲しいですね。

>>MINIWORKS EXは購入はこちら

ストリート系ウェーダー「フィッシュゲート」

フィッシュゲートのカードウェイダー

フィッシュゲートのカードウェイダー

渓流釣りで必要なものといえば、川に立ち込み、川を遡るためのウェーダー。

ウェーダー+フィッシングベストで大分釣り人っぽくなりますよね。

水が入ってこないのは大前提ですが、ずっと履いていると蒸れてくるのでその通気性にも拘りたいところ。

フィッシュゲートのカーゴウェイダーはストリートウェアかと見間違うかのようなカーゴパンツ型ウェイダー。釣り人っぽくなるウェーダーはイヤだ!って人も納得のお洒落なウェーダーです。

ゴアテックス性なので通気性もバッチリ。

料金は3万~4万円。

デザインと素材を考えたら妥当な値段ですよね。

オーバーオールタイプや、色違いなどもあるので普通のウェーダーじゃ満足しないという人は是非チェックしてみましょう。

 

フィッシュゲートカーゴウェイダー

 

Subpockets vest|TAR

subpoke

 記念すべき第一回目の投稿は管理人の大好きなブランドTARのサブポケットベストです。

かなり前に発売されたベストですが、一般的なフィッシングベストよりも丈が長くなっているので、フィッシングベスト着用時独特の釣り人感が出なくてGOOD。

もちろん普段着としても活用できます。

TAR lab